アラサー女の結婚!年齢の瀬戸際で年下彼氏に結婚を意識させる4つのコツ

アラサー女の結婚!年齢の瀬戸際で年下彼氏に結婚を意識させる4つのコツ

 

年下彼氏との交際。自分がアラサーになってそろそろ結婚したいけれど、彼にどう言ったらいいかわからない…と悩んでしまうケースもありますよね。アラサーになると友達が結婚する人も多く、焦りがち。年下彼氏に結婚を意識させるには、どのようにすればよいのでしょうか。

 

年下彼氏と付き合った経験アリは女子の3割ほど

 

アラサー女の結婚!年齢の瀬戸際で年下彼氏に結婚を意識させる4つのコツ

 

実際に悩める女子がどれくらいいるのかを知るため、年下彼氏と付き合ったことがある人を調査。女性雑誌CanCamによると、およそ3割が年下男性と付き合ったことがあるとの結果が。年下で最も多いのは1コ下で全体の4割ほど。また2コ下・3コ下あたりも人気です。つまりアラサー女子なら、彼もアラサーに突入しているくらいのカップルが多いことが推測できます。女性なら30歳前後で結婚する人が多いため、一般的な結婚適齢期に差しかかっているアラサー。彼女たちにとって、このタイミングで結婚できるかどうかは、今後の人生にも大きく影響すると考えてよいでしょう。そこで結婚を考えた時、年下彼氏と付き合う上での注意点を考えてみます。

 

アラサー女子が年下彼氏と付き合う3つの注意点

 

1.結婚へのリミットを決める

 

アラサー女の結婚!年齢の瀬戸際で年下彼氏に結婚を意識させる4つのコツ

 

具体的に自分が何歳までに結婚するのか、というのを決めることが大切です。くれぐれも年下彼氏が結婚したいと思ってから、というような考えは避けるほうがベター。特に出産のリミットがない男性にとっては、結婚は「できればいいもの」なんて悠長にとらえていることもあるからです。彼に合わせるのではなく、自分がどうするのかという点が大切です。

 

2.人生の理想プランを考える

 

アラサー女の結婚!年齢の瀬戸際で年下彼氏に結婚を意識させる4つのコツ

 

結婚へのリミットを決めたら、人生のプランも決めておくと現実味が増します。いつ結婚するのか、いつごろ子育てをするのか、仕事への復帰はいつかなど、5年先10年先をみすえたプランを作ります。まずは、純粋に自分の理想とするプランを考えてみましょう。すると、自分のプランに今の年下彼氏との未来がありそうかどうかが見えてくることもありますよ。

 

3.結婚しなさそうな彼ならサヨナラも

 

アラサー女の結婚!年齢の瀬戸際で年下彼氏に結婚を意識させる4つのコツ

 

「仕事が忙しい」「今は考えられない」など、男が結婚を拒否する典型的なワードがいっぱいでてきたら、彼との結婚はあきらめるという決断も自分のため。お付き合いを継続していても、結婚は別に考え、別れという覚悟も必要に。しかし、いきなり結婚!というと彼も逃げ腰になってしまうため、徐々に結婚を意識してもらえるような努力をしましょう。年下彼氏に結婚を意識してもらうにはどのようにしたらよいかを、次から考えてみたいと思います。

 

年下彼氏に結婚を意識させる4つのコツ

 

1.彼の理想の将来を聞く

 

アラサー女の結婚!年齢の瀬戸際で年下彼氏に結婚を意識させる4つのコツ

 

まずは、彼と将来のことを話しましょう。最初は結婚を抜きにして、どんな人生を送りたいと思っているのかというのを聞き出します。次に、結婚をしたいのかどうかという点や、いつ頃かという目安も。ただし質問攻めにしないよう注意。また、結婚に対する考え方も重要です。結婚に対する価値観が似ていれば、将来的に一緒になっても上手くいきます。金銭感覚、生活スタイル、子どもの教育方針など、生活するにあたって夫婦で合わせておいたほうがよいことがでてくるからです。

 

2.結婚のメリットを話す機会を

 

アラサー女の結婚!年齢の瀬戸際で年下彼氏に結婚を意識させる4つのコツ

 

年下彼氏に限らず、男性に結婚を意識させるなら結婚へのメリットを感じさせることが重要です。結婚をしなくていいと思っている男性の多くは、結婚へのメリットをあまり感じていないどころか、デメリットととらえている人もいます。結婚したらおいしい料理が食べられる、結婚したら奥さんに朝起こしてもらえる、結婚したら可愛い子どもも…など、結婚が良さそうだなと思わせることが大切です。デート中に、結婚ネタを少しずつ入れていきましょう。

 

3.彼にリードしてもらう

 

アラサー女の結婚!年齢の瀬戸際で年下彼氏に結婚を意識させる4つのコツ

 

年下彼氏とのデート、いつも女性のほうがリードしていませんか。結婚を意識させるなら、時には彼を頼ったり、甘えたりと立場を逆転させることも鍵。結婚すれば、夫として家を守ってもらう役目もありますし、子どもからも頼られるような存在になる必要があります。責任感を芽生えさせるなら、デートのプランを考えてもらうところからスタートし、彼に全面的に頼るのもベター。年上だからといって、いつも強くて彼より上に立たなければならないことはありませんよ。ギャップも見せて、年下彼氏に「俺が守ってあげなきゃ」と思わせてみて。

 

4.優柔不断な彼は家族の協力も

 

アラサー女の結婚!年齢の瀬戸際で年下彼氏に結婚を意識させる4つのコツ

 

「結婚をするかどうか迷っている」というように、今一歩決断できないような彼の場合は、家族からのプッシュも効果的。彼女から結婚のメリットを話すより、経験のある彼の両親から、「結婚はいいぞ」とひと言伝えてもらうほうが、彼に伝わることもありますよ。結婚について最初に両親に相談するのもひとつの方法です。ただし、相談していることがバレないよう注意しましょう。またどちらかの両親や既婚の友達などと食卓を囲むことで、家族を意識させ結婚の話もスムーズになることもあります。第三者の協力も考えてみましょう。

 

さいごに

アラサーにとって、結婚するかしないかの選択はその後の人生に大きく影響します。年下彼氏に結婚を意識させる前に、自分の中でいつまでに結婚をしたいのかを明確にすることも大切です。彼と将来についての話も増やし、結婚の価値観もチェック。時には、両親の協力なども考えてみましょう。

 

頭皮の臭いにおすすめの市販シャンプー